2018年10月16日火曜日

【アコギを録ろう、その32 スマホに繋ぐぞ(オーディオI/Fタイプ)】

「イイ音よりも低価格、ウデに見合った低予算」


なんとか安くアコギと歌の2系統をスマホに繋いで撮りたい。
ってなことをテーマに色々と調べ始めておりまして、
前回のミキサー型に続きまして、今回は「オーディオI/F型」の機材から調べてみました。

条件は変わっておりません。書き出すとこんな感じです。
  • スマホ(多分iPhone)で動画を撮る
  • ソロギターだけじゃなく弾き語りも撮る
  • エレアコとボーカルマイク、またはマイク2本は持っている
  • エフェクトは無しでも可
オーディオI/FはPCで録る時にも使う代物ですから、スマホ用と兼用して使うと考えればメリットが有るのかもしれません。さてどうでしょうか…

オーディオI/F型 

【FOCUSRITE iTrack SOLO】





良く見かけるマイクと楽器の2系統入力があるオーディオI/Fですけれど、何が有難いって「iPhone直結のケーブル」が付属してます。
なので予算を立てるなら、本体価格のみ。


  • FOCUSRITE iTrack SOLO 約12,000円コチラ


前回のミキサーのときのように、Lightning-USBケーブルを買い足さなくてイイのは気分的にもお財布的にもうれしいところ。

ただ、いちまんにせんえん 
うーむ。。。うでに見合ってるかと言われるとちょっと…(笑)



【PRESONUS AudioBox iOne】



こちらも似た構成でマイクと楽器の2系統入力があるオーディオI/Fです。
ROCUSRITEのと違ってケーブルは付属してませんが、iPhone付属のLightningケーブルをそのまま使ってiPhoneに繋がります。
iPhoneを持っていれば必ず持っているケーブルですから便利ですね。
というわけで、こちらも本体価格だけでいいです。




エレアコじゃなく、マイク2本を繋ぎたければ  iTwo(約15,000円)という上位モデルもあります。



うーん、、、やっぱりナカナカのお値段になってしまいますねぇ。。。
なんとかもう少し安くならんか。と思うわけですが、こんな時こそ強い味方「Behringer」に頼ってみます。



【Behringer UM2】



サウンドハウスのオーディオI/Fのページで、マイクと楽器と2系統入力出来る中で一番安いオーディオI/Fです。
ただ、上の2つと違って、iPhoneにつなげるには例のLightning-USBケーブルが必要ですし、多分XENYX 302USBのときのような「電源周りの問題」もきっと有りそう。。。

なので、その辺も加えて値段を考えてみると、こんな感じ。
  • Beringer UM2 約3,000円コチラ
  • Lightning-USBカメラアダプタ 約3000円弱 →コチラ
  • 電源補完二股ケーブル 約1000円弱コチラ

合計すると、約7,000円

うーん、まぁUMEの腕前を考えると、ギリギリ許せるかどうか、、、、
それでもちょっと高いかなぁ。。。。。

いずれにせよ、前回探したミキサー型とオーディオI/F型、どっちが好みかと言えば、個人的にはツマミ類の数が多いミキサーの方が好きかな(笑)


えーっと、次回は小さめの機材「コンパクト型」から色々あさってみたいと思います。




2018年10月12日金曜日

【アコギを録ろう、その31 スマホに繋ぐぞ(ミキサータイプ)】

「イイ音よりも低価格、ウデに見合った低予算」


さて、久々に再開したこのシリーズ。
相変わらずのんびりですが、どうなっていくことやら(笑)

  • スマホ(多分iPhone)で動画を撮る
  • ソロギターだけじゃなく弾き語りも撮る
  • エレアコとボーカルマイク、またはマイク2本は持っている
  • エフェクトは無しでも可

こんな条件の機材を探してみるわけです。
1回目なので、まずはわかりやすーいミキサー型から値段調べしてみました。

ミキサー型

【Behringer XENYX 302USB】


何はともあれ、手持ちのコイツを基準にスタートです。

iPhoneに繋げていくならこんな感じ。


  • XENYX 302USB 約5000円コチラ
  • Lightning-USBカメラアダプタ 約3000円弱コチラ
  • 電源補完二股ケーブル 約1000円弱コチラ


前に色々試行錯誤して(コチラ)このカタチで落ち着きましたけど、ザックリ9000円弱となります
Lightningのケーブルがちょっとお高く感じますね。
サードパーティならもっと安いのもあるんですが、トラブルを避けたいのでApple純正だとこの値段になっちゃいます。Andoroidスマホなら、もう少し安いようです。

いずれにしても、以前より本体が高くなっちゃったので、激安とは言いづらい価格になっちゃってますねぇ。。。。




【YAMAHA AG03】



天下のYAMAHAですもの、音の質にはきっと問題ないでしょう。


  • YAMAHA AG03 約13000円強コチラ
  • Lightning-USBカメラアダプタ 約3000円弱コチラ


ザックリ16000円強ということで、少しお高くなります。。

電源が別系統になっているので、電源まわりのトラブルはなさそうです。
またPCに繋げてあらかじめリバーブとかの調整をしておけば、スマホ接続時にエフェクトを使えるのも魅力ですね。
ボーカルマイク+エレアコなら、このモデルでいけますが、ギターもマイクでとるなら1クラス上のAG06(16000円弱)が必要です。




【TASCAM MiNiSTUDIO】



レコーダー方面で有名なタスカムからも、面白い機種が出ています。
こちらで構成するとこんな感じになります。


  • TASCAM MiMiSTUDIO US-42W 約9000円弱コチラ
  • Lightning-USBカメラアダプタ 約3000円弱コチラ


あわせて約12000円弱
この機種の場合は、ボーカルマイク+エレアコでも、マイク×2本でも、どちらも対応可能になります。
YAMAHAのと同じく、エフェクトも搭載しています。
せっかくの「ポン出しボタン」はスマホだと使えないというところが残念ですね。


まとめ

というわけで、USBミキサー型で見てみました。他にもこんなの や こんなのと小型ミキサーの形のものはあるようですが、それでも302USBが未だ一番安く約9000円弱で構成できそうです。

そして、さらに良い音を求めるなら1万円を超えてしまうのが現状です。
なんにつけ、ミキサー型のだと「イイ音よりも低価格」とは言いづらい価格帯になってきていて、個人的には少々残念な傾向です。。。


さて、このシリーズの今後ですご、この次はオーディオI/F型の機器からピックアップしてみたいと思います。
そのあと、コンパクト型や、ちょっと変わった掘り出し物へと進めてまいりますが、更新ペースはゆっくりなので、気長にお付き合いくださいませ。






にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


2018年9月24日月曜日

【アコギを録ろう、その30 最近少しお高くないですか?】

「イイ音よりも低価格、ウデに見合った低予算」


おぉ。。。
この書き出し自体が何年ぶりでしょう(笑)

最近、ライブ映像をいくつか上げていたら、久々に機材好きの虫がウズウズしてきちゃいましたんで、まだいくつか上がっていないライブ音源はあるのですけど、それと平行してコッチのテーマも再開してみようかなと思い立ったわけです。
これまでの機材バナシいろいろは【コチラ】からどうぞ。



さて、このテーマの象徴ともいえる、我が愛機といえば

Behringer XENYX 302USB


当時、私が買ったときには三千円台詳しくはコチラ)だったのが、今や税込みだと五千円をこえる価格にあがってますね。まぁ、為替とか色々とあるのでしょうけど、残念です。。。

302USBはパソコンに繋げるには特に工夫もいらなくて、手軽でとても良かったんですけど、しばらく休んでる間に、環境も変わってきて、やっパリ繋ぐならスマホが主流になりつつありますよね。302USBをiPhoneに繋ぐのもかつて色々と苦労(詳しくはコチラ)しましたので、改めて今時の安機材を調べてみようかなと思い立ったわけです。


と、いうわけで色々と調べてみようという気になったわけですが、例によって条件を定めてから捜し歩いて見ます。


条件決め

  • スマホ(多分iPhone)で動画を撮る
  • ソロギターだけじゃなく弾き語りも撮る
  • エレアコとボーカルマイク、またはマイク2本は持っている
  • エフェクトは無しでも可


まっ、こんな感じでしょうか。

買う予定も(予算も)ないのに、こうやって条件に見合う機材を調べている時間が、相変わらずとっても楽しいです。ウキウキしてきます(笑)
のんびりと調べていきますので、ご興味ある方は遊びに来てやってください。
ではまた。





にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村